タダシップの服用に伴うメリットや使用上の注意点等について

タダシップは、バイアグラやレビトラと同じように成人男性の勃起不全を解消するED治療薬の一つです。
アメリカのイーライリリー社が製造しているシアリスのジェネリック医薬品で、インドのサバディカ社が製造販売を行っており、個人輸入でも安価で購入することが可能である薬の一つです。
安価で購入することができることで、近年は個人輸入薬としても人気が出てきた薬です。
有効成分がタダラフィルですが、先行して出回っていたシアリスの成分と同じため、シアリスと同じ効果が期待できます。
また用法の注意についても成分が同じため、シアリスと同じ注意が必要となります。

EDの原因の一つに生体内で生成される5型ホスホジエステラーゼという活性酵素がペニスの勃起の障害になるため、その活性酵素を阻害する働きがタダラフィルにはあります。
またタダラフィルには、ペニスの周辺部にあるNO作動神経に直接働きかけることで血管を膨張させ、血流量を増やし勃起しやすく機能します。
つまり性的な刺激があれば、勃起しやすい状態になることで勃起機能改善効果が高い特長が見られ、媚薬としての崔淫作用はありません。
なおED治療薬にはバイアグラやレビトラ等の治療薬もありますが、勃起機能改善効果の点では同じでですが、その持続力においてはそれよりも優れているメリットもあります。
例えば他のED治療薬では服用後、約4~5時間程度の持続力しかないのですが、タダシップを服用すると丸一日~一日半程度の持続力を維持することが可能です。
そのため、タイミングを計って事前に自由に服用することが出来る点もメリットで、性的な刺激がなければ勃起効果もないので面倒が起こることもありません。
また他のED治療薬と比べても、比較的に副作用が少ない点においても優れています。

仮にバイアグラやレビトラ等では副作用が心配の人にとっても、タダシップであるなら大丈夫であるという人もいるぐらいです。
服用については、性行為を行う前の約2~3時間前に10mg一錠を水と共に服用します。
食事の影響をほとんど受けることがなく、食事全食後という様に食事をベースにして服用しなくても良いです。
使用上の注意としては、他のED治療薬よりも副作用が少ない点はありますが、副作用が全くない訳ではないため、注意をします。
具体的な副作用としては、頭痛・のぼせ感・吐き気・消化不良、頭部や胸部の拍動、血圧の変化・潰瘍からの出血、網膜異常等です。
その他にも体調の異常をきたすような症状もあるため、特に心臓・血圧等に持病を持っている方は要注意でもあります。
持病についても最近六ヶ月以内に心筋梗塞・脳出血を経験した方、低血圧・高血圧の症状の方、過敏症や心血管系障害が起こった方等です。

しかも一日一錠を限度に服用を行い、一度服用を行ったら次の服用まで24時間以上の間隔を空けて服用します。
当然に適量を超えた服用は、危険を伴いますので注意をし、異常が出たら医師に連絡や相談を行うようにします。
服用後に4時間以上も勃起状態が収まらないケースもあるため、そういった場合でも直ちに医師にかかるようにします。

Comments are closed.