タダシップはシアリスと同じか

ED治療薬のタダシップは、先発医薬品であるシアリスのジェネリック医薬品です。
シアリスとは、バイアグラとレビトラに続き誕生した第3のED治療薬として世界で認知されています。
食事の影響を受けないとされているため、食後の服用でも問題としません。
また、持続時間が長く、24時間~36時間ですので余裕を持ったストレスのない性行為を行うことが可能となっています。
加えて副作用が少ないので無理なく利用することができるでしょう。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許権の期限が切れた後、他の製薬メーカーが同じ有用成分、用法用量、製造工程で造れる医薬品のことです。
そのため後発医薬品とも呼ばれています。
日本においてジェネリック医薬品は認知度が低く、需給率がわずか15%程と少ないのですが、アメリカではジェネリック医薬品の需給率は60%以上とかなり高くなっています。
その理由として、日本では医療制度が充実しているという点があり、また医師や薬剤師がジェネリック医薬品に対して信頼を置いていないとされているためです。
先発医薬品に比べるとジェネリック医薬品は価格が安いという特徴があります。
しかし日本には健康保険制度がありますので個人の医療費負担が少なく、薬が安かろうが高かろうが経済的に大きく影響することはあまりありません。
そして医薬品は医師が処方するものですので、その医師がジェネリック医薬品を認めていないのなら当然、需給率があがるはずありませんね。
しかしジェネリック医薬品は先述したように先発医薬品と同じ有用成分、用法用量、製造工程で造れています。
その過程では飲みやすくするために改良がされることで先発医薬品とは異なる成分が配合されることもありますが、主成分が変わらないため効果は先発医薬品と同等のものが得られます。
もちろん、安全性も保障されていますので服用においては全く問題ありません。
その上、安く購入できるのですから一石二鳥の効果を得られるわけです。

タダシップもシアリス同様に食後の服用が可能、持続時間は24時間~36時間、副作用が少ないという効果を持ちます。
水と一緒に服用、1日1錠までで次回の服用には24時間以上開けることです。
医薬品ですので、用法用量を守って服用しなければ健康被害も懸念されるでしょう。
ちなみに日本で製造されたジェネリック医薬品ではなく、インドの製薬メーカー「シプラ社」が製造したものになります。
日本では認可されていないので国内で入手をすることはできません。
もしも購入したいのなら個人輸入を活用することになるでしょう。

個人輸入とは文字通り個人的に輸入をする方法ですが、医薬品の輸入は個人利用に限り、規定の用量なら輸入することが可能です。
規定に違反すると薬事法に引っかかるので注意しましょう。
個人輸入は手間ですので、輸入を行う場合は個人輸入代行業者を活用します。
優良な代行業者を活用して安全にタダシップを入手してください。